顔脱毛を詳しく解説。エステでの効果や料金、施術回数など

顔は衣服などで隠れる範囲もできるボディと違い常に露出していることが多い部位の一つです。このためムダ毛に対する意識も気になる人の割合は多くセルフケアによるムダ毛処理をする頻度も多くなりがちです。

一方でカミソリやシェーバーなどによる顔脱毛ではムダ毛と一緒に皮膚までそぎ落としてしまうリスクがあり、肌の健康面では頻繁な処置はあまりお勧めできないといった情報は何回か目にした方も多いのではないでしょうか。

ここでは脱毛サロンJNYの視点から改めて顔脱毛について解説してまいりますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。



どこまでが顔脱毛?

定義はされていないので明確な決まりはありません。 いきなり期待はずれな答えに感じてしまった方には申し訳ありませんが実際、自己処理でムダ毛を剃るとなった場合「鼻下だけを剃る人」「アゴや頬も剃る人」「眉毛を整えるために剃る人」など様々です。

エステサロンでの脱毛や医療脱毛でも「顔脱毛というメニューであっても」施設ごとで含まれる部位が違うこともあります。目に近い部分などでは行う範囲が異なることがありえるといった仕様の違いというものがあります。

一般的に顔脱毛に含まれる細分化された部位の呼び方は以下のように形容されることが多いです。「額(おでこ)」「両眉(両眉の周囲)」「眉間」「両頬」「鼻」「鼻下」「アゴ」「アゴ下」「もみあげ」

鼻では小鼻や鼻柱(鼻の穴を仕切っている部分)、鼻尖から眉間に近い鼻根のどの範囲までしてくれるかなど、それぞれのお店の判断で扱う範囲が変わる可能性がありますし、「こめかみ」などは扱う範囲の名称で出てくることはほとんどありませんが、顔脱毛では含まれていることが多いですし、より細分化された部位の場合でも頬や額などのメニューで含まれていることもあるかもしれません。もしこだわりの部位があるようならカウンセリングなどで顔脱毛の中に含まれているか確認しておくと良いでしょう。

JNYで行う顔脱毛の範囲

JNYの顔脱毛の範囲

※さらに詳しく責任者より。
JNYはあご下から額までのフルフェイス。オプション料金なしに小鼻、眉間、眉ぎりぎり、 富士額、もみあげの照射を行います。 もみあげ、あご下の毛はけっこう重要です。 全身脱毛でえりあしの脱毛をすると、 頬のみの照射では横顔でしっかりと見える位置に毛が残ります。 顔脱毛は全身脱毛の一部であると思っていただきたい。鼻下だけ、頬だけ、なくなっても 毛がコロニーのように残ってしまえば結局そこが気になるんです。

お顔脱毛は フルフェイス、細かいところまで照射ができるJNYがおすすめです。

他店舗さんで見られる顔脱毛の範囲1~3

1:頬、鼻下、アゴのみ
目から上の範囲やもみあげ、あご下は含まれないケースです。結果的に含まない部位のムダ毛が目立ってしまう傾向になりがちなのでご注意ください。

他店の顔脱毛の範囲例1

2:「鼻下のみ」または「鼻下、アゴのみ」
最も少ない範囲例としてみられるケースです。顔脱毛のメニューとしては正直不誠実ではないでしょうか。顔を含む全身脱毛でも起こりえますので気を付けてください。

他店の顔脱毛の範囲例2

3:眉間、鼻、もみあげ、あご下を含まないケース
顔全体と称していた場合でも数か所の部位を含まない場合もございますし、口角のムダ毛は残ったままなど範囲として含まれていないのか照射漏れなのか疑わしい事例などもございます。

他店の顔脱毛の範囲例2

顔脱毛にはどんな脱毛法がベスト?

こちらでは剃ることなども含めれば脱毛方法にはいろいろなものがありますが、それぞれの脱毛方法で顔の処理を行った場合、顔にはどのような影響があるのか書いてみたいと思います。

カミソリ・電気シェーバー

刃で剃るタイプです、主に自己処理で用いられることがい多いですよね。手軽に行えるというのが最大のメリットではありますがカミソリ負けという言葉があるように毛と一緒に肌の表層も剃り落としてしまう場合があります。当然ながら肌から飛び出ている毛しか剃り落とせないので、毛深くてすぐ伸びるといったタイプの方は頻繁な処理を求められることになります。

そういった場合こまめな対応が必要になるとともに頻繁に剃る圧力が肌に加わることで肌が黒ずむ「色素沈着」を起こす確率も高くなってしまいます。カミソリ負けしやすい方も傷口から菌が入り込むリスクも高まるため、肌の健康面から頻繁な処置方法としてはあまり推奨できるやり方とは言えないかもしれません。

実践している方たちにはいきなり言われてもすぐやめるのは大変でしょうから、少なくとも「肌を清潔にした状態でする」「逆剃りはしない」「保湿などアフターケアをしっかりする」「カミソリよりは刺激の少ないシェーバーのほうを検討する」など可能な限りリスクを減らせる適切な処置方法を増やせることが望ましいでしょう。

毛抜き

1本ずつ毛を引き抜きます、瞬間的に引き抜く強い力が毛穴周囲に加わるためこちらも継続的に行うことで色素沈着のリスクが伴います。強い痛みだけでなく場合によっては出血が伴うこともあるのでお気を付けください。こちらも習慣的な利用はあまりお勧めできませんがもし行う場合は肌が清潔かつ毛穴が開いた状態で行いましょう。

ワックス脱毛・テープ脱毛

粘着性のものを毛に絡ませこちらも引き抜きます。毛抜きの「点」ではなく「面」ではがすため肌の角質も剝がされることがります。商品によって粘性も異なりますので顔の皮膚はボディに比べて薄いものとなっていますので顔用と明記のないものは利用しないほうが良いでしょう。

除毛クリーム

たんぱく質を溶かす性質を利用して毛を溶かして除毛する仕組みです。皮膚にもたんぱく質が含まれていますので少なからず影響はありますし、毎回パッチテストを行ったうえで利用を求める商品が多いのではないでしょうか。こちらも顔が対象になっていないクリームの使用は避けたほうが良いです。対象の部位でも効果が弱いから使用方法よりも長い時間塗ったままにするようなことはせず、記載されている利用方法は守るようにしてください。

医療レーザー脱毛

医療機関がレーザー機器を用いて脱毛処置を行います。高い効果をうたわれることが多い脱毛法です。レーザーには複数種類があり代表的なものの一つとして高い出力で毛を爆発的な処理により脱毛効果をもたらすとされています。このため痛みの点で強めの刺激があるともされていて、術後は軽度の炎症状態になっている場合もあります。適切なアフターケアの有無で安全性が変わりえますが近年低価格競争が起きており、経費削減の観点から十分なアフターケアを行わないケースもあるそうです。

脱毛エステサロン(光脱毛)

光の熱を用いてムダ毛に影響を与えます。表面だけでなく毛根部にも熱が届き脱毛アプローチを行います。一般的に効果が高いとされる医療レーザー脱毛のレーザーによっては産毛には十分な効果を与えない場合もあるとされ、「光脱毛のほうが産毛への相性は良い」という意見もあることから産毛の多い顔脱毛では適性の高さの点としても支持は得ていることも少なくありません。

刺激も少なく痛みの心配があまりないこと、旧式でない限りは施術スピードも速い傾向となっていて単価も安く快適に利用しやすいといった点も併せてエステ脱毛が人気になっている理由の一つかもしれません。

顔脱毛で効果を感じる回数は?

生えている状態で行う剃る脱毛法や抜く脱毛法は1回ごとの処置にキレイやさっぱりといった実感は持てるでしょう。剃った場合は表面の毛しか取り除いていないので伸び次第、処置が必要になり、短い間隔で永続的に行う必要があります。ワックス脱毛などで引き抜いた場合は剃った場合よりも長めのサイクルで済みますがこちらも永続性のいる脱毛法となります。

光脱毛やレーザー脱毛など照射で行う脱毛法はコース料金では5回前後から用意されてい事が多いですが顔脱毛の場合、産毛が含まれていることが多く、薄い毛は熱の伝わり方が濃い毛に比べて弱いため10回以上の回数を要することがエステ・医療ともに多い傾向となっています。

最終的には個人差の毛質によって左右されることもありますので「必ずこの回数でキレイになれる」というものは一概に言えない状況となっていますが、コースメニューの回数は効果に関しても一定の判断になりえる区切りとしての意味合いもあります。

顔脱毛の料金相場

実は少なくなっている?顔脱毛のメニュー

料金部分はお客様にとって重要なファクターの部分の一つでしょうからJNYとしても安易なコメントはできないと思い、あたらめて沖縄エリアの競合店舗さんの情報なども確認させていただいたのですが現在の流行である全身脱毛の取り扱いが多く、しっかりとメニューとして掲示されている数が残念ながら多く見つけることができませんでした。

傾向の一つとしては全国展開しているエステサロンさんの価格帯では6回前後のコース料金の場合では単価10,000万円前後の傾向で多い印象は見られます。

なおJNYでは顔脱毛のメニューは下記の価格で提供しています。
6 回 42,900円
12回 79,200円
18回 108,900円

もちろん安さが全てではありません。大手規模だからこそできるサービスというのもあるでしょうし、JNYよりも安い価格というのも探せばあるかもしれません。JNYは「クオリティ+ホスピタリティ」を掲げているとおり、私たちの目的はお客様が納得・満足できるという点を最も重視しています。価格も重視している1要素ではありますが適切な価格を踏まえたうえでハイクオリティの施術を提供できるよう努めさせていただきます。

すぐに安心できる顔脱毛ができるところを見つけられないかもしれない今だからこそ、JNYを目を止めてにいただいた方々に「やって良かった」と思えるFHR脱毛を提供したいと思っておりますので、ご検討の際は強引な勧誘等も一切ございませんのでお気軽にカウンセリングへお越しください。